エンジェルナンバー1111 ツインがそろうと。

エンジェルナンバー1111は、1の連続4回だが、11というツイン(ゾロ目)がツインで現れる時もある。日頃一番見かけると思われるのは、時計の11時11分、1日に2回。 12時間が60分なので720回のうちの1回。そう、見たいと思って見れる確率ではない。今回は、1111と11:11とでは何か違いがあるか考えてみよう。

エンジェルナンバー11と1111について

エンジェルナンバー11が意味することは、

『あなたの思いが現実になる日が早くなっています。あなたの考えていることは間もなく現実のものとなってきます。そこで、考えや思いをよく吟味して、本当にそうなってほしいことだけを考えるようにしましょう。』

というメッセージになります。
エンジェルナンバー1111が意味することは、

『あなたは特別にやるべき使命を受けている人です。すでに魂が勢い良く成長をして、高い次元との道とエネルギーがつながっています。あなたには、守護天使が強くリードしてくれています。変化をする時ですが、あなたは正しい道を選択しているので、疑わずそのまま進んでください。』

というメッセージが含まれています。
エンジェルナンバー11:11とツインになるということは、あなたには、2つ以上の思いがあって、今どちらの可能性も望める状態にあります。

同じ方向性であれば、ハイブリッド(良いところの組み合わせ)にしてもよいし、多少分野が違っても、ミックスできる思考かもしれない。あるいは、2つの選択肢かもしれない。

1つだけ言えることは、マイナス思考は素早く手放すことです。せっかくの可能性が足を引っ張られ、余計なエネルギーを使ってしまい、それではもったいないですよね。

あなたの願望と思考が一致して、それらが喜びをもたらすように進んでいきましょう。

エンジェルナンバー1111の場合は、もうあなたの思考がすぐ現実になるときです。恐れずに、勇気をもって、願いに集中していきましょう。

エンジェルナンバー11:11で、スタート(はじめり)を意識し、エンジェルナンバー1111で、いざ実行。エンジェルはいつもあなたを見守ってくれています。自分の正しいと思う道を開いていきましょう。

進んでいるときに、流れがスムーズだったり、思わぬ良いことがあったら、エンジェルさんに感謝の気持ちをちゃんと伝えてください。気持ちが伝われば、またしっかりサポートしてくれますよ。

ツインソウルって?

ツインという言葉で、久しぶりにツインメイトやツインソウルということを思い出した。

知らない方のために、ツインメイトとは、世界、イエ宇宙と言った方がよいのか、どこかにあなたと同じグループに属する魂(ソウル)を持っている友達(メイト)がいるということです。

これが、現実世界であれば、ご両親やご兄弟、又、親戚や仕事場の同僚・先輩・後輩・お取引先など自分に関わる身近な人だという説もあります。

これに対し、ツインソウルは、”生まれた時から赤い糸で結ばれていた人”に似てもいますが、もっと深い関係でもあります。

生まれ落ちるときに、1つのソウルをさらに成長させるために2つの男性・女性という異性にわけ、切磋琢磨しながら互いに育っていく、世界にたった一人しかいないあなたのパートナー。

私は、随分前にこの話を聞いたときには、何としてでもそのパートナーを捜し出し、共に人生を楽しく助け合っていきたい、何よりロマンがあると酔いしれたものでした。笑。

が、実際には、そういうことがわかる方に聞いたら、必ずしも現世で会えるかどうかもわからないし、又、異性とも限らない、あげくにはパートナーは一人ではないとも聞いて、まあ、会えるときには会えるだろうと気長に待つスタンスに変えました。笑。

ちょうど、エンジェルナンバー1自体が、新しい出会いでもあります。エンジェルナンバーは、基本的に受け身です。反対に数字の意味するところになりたいならナンバーを意識するという能動的になれば、そうなるのかしら…。

きっと、それもガーデンエンジェルが見かねて助けてくれるといいですね、とふと思いました。
それでは、ごきげんよう♪

2 Comments

クーこ

こんにちは。ツインソウルについて初めて昨年知りました。
よく、ツインソウルに出会い、辛いけど、一度手放す、
とありますが、それは相手との別れを意味するのでしょうか?
教えてください。

返信する
Reica

こんばんは。お正月田舎(山里)にいたので、
ネットが使えず遅くなり申し訳ありません。

ツインソウルについてですね。

>よく、ツインソウルに出会い、辛いけど、一度手放す、
とありますが

と書かれていますが、私は少なくともこういったことは知りません…。

ツインソウルについての著者自身のレベルもあるだろうし、
どういった人向けにかかれたか、また読む人のレベルによっても
いろいろあって、一概にどうとは言えない、言い切れないと思うんです。

一度手放すというところが気になるのでしたら、
一旦距離を置くということにも取れるかもしれませんし、
現生ではないかもしれないけど
いずれはまたどこかで出会うかもしれません。

お互いの成長のためにあえて今は共にではなく、
それぞれに自分のできることで成長した後
再会してお互いを磨き上げた方がよりよいので
今がタイミングでないのかもしれませんし。

また、一方では魂の奥ふかいところで繋がりがあれば
特に離れる必要もないと思います。

自分の感性(魂の奥ふかい中心の部分)を信じて、
もし、一度別れた方がよいと思えば、別れてみたらいかがでしょうか?

本当のソウルメイトであれば、今別れたところで
魂の世界の流れでは、いつかは会えるでしょう。

別れることがあれば、
お互いが協力し合いちゃんと本来の自分の役目をはたして
ツインソウルとしての役割が完全消化されたとき、

別れるというより、ひとつになるのでは?

と思いますがいかがでしょうか。

大事なことは、あなたの感性を大事にして
魂の声を聴いてみてくださいね。

それでは、ごきげんよう。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください